会社案内

会社沿革

1946年
創業(東京都世田谷区)
1958年
株式会社濱田精機工業所設立
1961年
埼玉県川口市に移転
1970年
埼玉県川越市に新工場建設
1986年
TO-92生産開始[半導体組立に参入]
1987年
全生産機能を川越工場に集約
1988年
SOT89-3生産開始
1994年
社名を株式会社ハマダテクノスと改称
1996年
ISO9002認証取得
1997年
SOT23-5・6生産開始
1998年
生産革新『Qup運動』開始
2001年
SC-88A生産開始
2002年
SOT89-5生産開始
2004年
ISO9002からISO9001へ移行登録
ソニー株式会社様グリーンパートナー認定
2004年
ISO14001認証取得/SC-82AB生産開始
2005年
TSOT23-3(磁気センサー)生産開始
2006年
SON2017-6/リードレスパッケージ生産開始
2008年
第二工場竣工
2009年
RFID製品生産開始
2010年
ISO/TS16949認証取得
2012年
HSOP-8生産開始
CHIP加工サービス開始
THAI HAMADA TECHNOS.CO.,LTD設立
2015年
国内工場TS16949失効/タイ工場にてISO/TS16949取得

ごあいさつ

エレクトロニクス機器の進化に伴い、電子デバイスにはより高度なスペックが必要とされています。また、よりスピーディーな開発・生産、そして製造コスト削減という課題の解決も重要性を増しています。

ハマダテクノスは、長年にわたって半導体後工程を担う中で、数多くの知識とノウハウを蓄積し、多様化するお客様のニーズにお応えしてきました。革新が求められる電子デバイス業界において、クオリティを維持しながら低コストを実現できているのは、長年の経験・知識とともに貴重な人財がそこに存在したからこそだと考えています。『人』こそが最も重要な経営資源だと考える企業理念が、今日のハマダテクノスの礎になっており、今後もその理念を持ち続けることで、お客様に安心して使っていただける製品をご提供できると確信しています。

いま当社では新たな事業分野に挑戦する転換期を迎えています。そこでも『人財』を中心に据えた新たなビジネスモデルを構築することで、新たな可能性を見出したいと考えています。そうした想いを持つ当社にぜひご期待いただきたいと思います。

代表取締役社長 濱田 重人